ウデの人とアタマの人

ウデの人からアタマの人へ

アタマの人間が-つまり事務屋のことだがね-途中からウデの人間になるのは難しいが、ウデの人間が途中からアタマの人間になることは容易である。

ウデがある上にアタマの人となるのだから、それこそ鬼に金棒だ。

普通人よりもっと有利な地位が築き上げられる

 

アタマからウデへ、これは前にも言ったように順序が逆で、ウデからアタマへ、これは最も普通な無理のない行き方と言える。

だからわしは、だれでもまずウデの人間になりなさい、ウデの人間になれば、自然にアタマの人間になれると言ってるいるんじゃよ。

 

卒業学校の専門にとらわれず、また途中から転校してアタマの人間にあり、それで立派に大成功をしている人は世間にいくらでもあるよ

 

大学や専門学校で修めた三年や四年の学問で、自分の進むべき道をことさら狭くして考えるのは愚かなことだ。

一芸一科に通ずれば、その道はまたすべての道に通ずるのじゃ。

 

一度、技術の道へ行ってみるのも良いことだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です